絵・漫画

クリスタPROとEXの違いはこれ。漫画を描くなら迷わずEX

3Dのモノクロ化写真2

私はクリスタを何年も使ってきました。

毎日1度は絶対に触れます。

そこで今回は、クリスタproとexの違いについて書いていきたいと思います。

クリスタProとExの違い

まず初めに、両ソフトについて一言で言うなら、

  • PRO▶イラスト制作したい人向け
  • EX▶マンガ、アニメーションを制作したい人向け

です。

もうすでに「漫画家目指そうと思っている 」人は、

EXを購入しましょう。

では、両者の違いを詳しく解説していきたいと思います。

値段の違い

タブレット

まずは値段から。

CLIP STUDIO PAINT PROCLIP STUDIO PAINT EX
値段にかなり違いがあります。

ダウンロード版価格(税込)
PRO5,000円
EX23,000円

18,000円の差。

多くの人は、「お絵描きソフトに2万も出す必要はあるのか?」と思うかもしれません。

私はCLIP STUDIO PAINT EXを何年も使っているのですが、
実際使っている者からすると「むしろ安い」くらいです。

その理由は後ほど。

次は機能の紹介をしていきたいと思います。

PROの機能

まずCLIP STUDIO PAINT PROからみていきます。

PROは基本的に

一般的なお絵描きソフトでできることは

ほとんど不自由なくできます。

pixivやTwitterなどにアップするようなイラストなら、普通に描くことができます。

漫画やアニメも作ることができる

そして、ただ絵を描けるだけではありません。

PROでもマンガ制作・アニメーション制作は可能です。

もちろんEXに比べて機能は限られるので、少し面倒な部分もありますが、

20ページ前後の簡単なマンガ制作はPROでも制作可能です。

24フレーム(3秒間)までの ちょっとしたアニメーションは制作をすることができます。

つまりCLIP STUDIO PAINT PROは、

般的なイラスト制作機能

  • 簡単なマンガ制作機能
  • 簡単なアニメーション制作機能

がついているソフトだと思ってください。

無料ソフトじゃダメ?

でもここで、こんなことを思う人はいるのではないでしょうか。

ただ絵を描くだけなら、無料ソフトでもいいんじゃないの?

マンガを描くことができる無料ソフトもあるよね?

たしかに今の無料お絵描きソフトは、

「漫画も描くことができる機能」なんてザラにあります。

ただ私はそれでもクリスタを使用することをおすすめします。

なぜならクリスタは

描きやすさが圧倒的だからです。

線を引くときに気持ちよく引け(描け)ますし、よりアナログに近い感覚で描くことができます。

私も無料ソフトを触ったことがあるのですが、

普通に描くことはできるものの、

クリスタ特有の「線を描くときの気持ちよさ」がなくて、ちょっとイライラしてしまいました。

広告表示がないのも、集中力がそがれません。

Exにしかない機能

PROにさまざまな便利機能が追加されたバージョンがEXになります。

なので、ここまで紹介した機能はすべてCLIP STUDIO PAINT EXでも使うことができます。


ではEXにしか無い機能はというと、、

いろいろあるんですが主に重要なのは以下です。

  • 写真のモノクロ化
  • 3Dをモノクロ化
  • マンガ複数ページ管理
  • セリフの一括管理機能
  • 見開きページ作成機能
  • 24フレーム以上のアニメーション制作

赤字の機能は、マンガ制作でとくに(常に)使う重要な機能です。

①写真をモノクロ化する機能

マンガを制作では、写真をそのまま背景として活用したいときもあるかと思います。

そんなときに、自分の持っている写真をモノクロ処理してくれる機能です。

たとえばこんな写真だと

風景写真

▼こうなります。

風景写真モノクロ化

モノクロ化するときに、線の幅トーンの濃度も好みに変更することができます。

人によっては必要ない機能かもしれませんが、私はよく使います

せつ

②3Dをモノクロ化する機能

さきほどは写真のモノクロ化でしたが、次は3Dをモノクロ化する機能です。

クリスタには、イラスト・漫画制作に使うことができる3D素材がたくさんあるのですが、

EXでは、その3Dモデルをモノクロ処理することができます。

3Dモデル

▼こんな感じです。

3Dのモノクロ化写真①
3Dのモノクロ化写真2

3Dは写真より時短になる場合が多いですし、

マンガ制作者にはとても便利な機能です。

とはいえ今の段階では、

「3Dを漫画制作に使う」なんて言われても、

ピンとこない人がほとんどだと思います。

なので今は、「そんな便利な機能もあるんだ~」くらいでOKです。

③漫画複数ページ管理機能

3つ目は、マンガの複数ページを一括して管理してくれる機能です。

CLIP STUDIO PAINT PROCLIP STUDIO PAINT EXでマンガ制作をするにあたっての、

大きな違いはここです。

さきほどPROでもマンガを描くことはできるといいました。

しかし、PROでマンガを制作すると、1ページ1ページの管理になるんです。

この「管理の違い」がどう影響するのかというと、

たとえばPROの場合、30ページの作品であっても、管理されるのは1ページごとです。

開くときも1ページずつ開かなければいけませんし、

「jpgで書き出しをしたい」と思っても、1ページずつ[書き出し]しなければいけません。

めんどうくさい…

せつ

しかしEXの場合、

30ページ1作品

という管理ができます。

すると一度ですべてのページを開くことができますし、

[保存]も[書き出し]も[サイズ変更]…も一括で処理することができるのです。

EXに比べて、PROは手間がかかりすぎるんですよね

せつ

そしてもう一つ。

EXには欠かせない機能があります。

④セリフの管理ができる機能

EXにはストーリーエディタという、作品全体のセリフを一括で管理してくれる機能があります。

(さきほどと同じように30ページの作品を作ったとすると、)

このストーリーエディタがあると、30ページぶんのセリフをまとめて

  • 入力
  • 修正
  • 削除

することができます。

その点、PROの場合はどうでしょう。

30ページずべてのセリフを修正しなきゃいけなくなったとき、

1ページごとにファイルを開いて、セリフをクリックして修正…

ファイルを開いて、セリフをクリックして修正…

ファイルを開いて、セリフをクリックして修正…

…想像しただけでも、頭が痛くなってきました。

⑤見開きページ作成できる機能

見開きページを作成できる機能もEXにしかない機能になります。

マンガには2つのページにわたってコマを描く「見開きページ」があります。

それを見開いた状態で表示・制作できる機能です。

人によってはまったく使わない機能かもしれませんが、

プロの漫画家を目指す人にはあって損はない機能です。

⑥長編アニメーションを作れる機能

PROでは24フレーム(3秒)までのアニメーション制作ができませんが、EXではそんな制限のないアニメーション制作をすることも可能です。

アニメーション制作に関してはあまり詳しくないので、割愛させていただきます。

詳しく知りたい方はセルシスの機能紹介ページで確認してみてください。

【まとめ】漫画制作したいならEX

まとめると、 あなたがやりたいことが

です。

PROを買ってからEXでもOK

また、PROを購入してからでもEXにアップグレードすることも可能です。

PROを持っている人は、優待価格でEXの購入ができます。

PROを買ってからEXにアップグレードでも、

直接EXを買うのも値段はかわりません。

ですから「とりあえず絵が描ければいい」という人は、

とりあえずPROを購入してみて「EXの機能を使いたい」と思ったときにアップグレードするのもおすすめです。

マンガをメインで描きたい人はEX

とはいえ、最初から「メインでマンガを描くつもり」でクリスタを検討している人は、

少々「高い」と思っても、CLIP STUDIO PAINT EXを買いましょう。


制作するマンガ作品のページ数にもよりますが、

(EXは)PROの10倍以上の時短になるといっても過言ではないので、はっきり言ってPROから入ると多く時間をムダにするでしょう。

これは私の実体験で、最初ストーリーエディタなどのEX

なので、今は高くても永遠に使うもの・少なくとも3年以上使うソフトだと考えるなら安い買い物です。

(これが私がEXを「安い」と思う理由)

よかったら参考にしてみてください。