自分自身への悩み

靴下が片方なくなる問題の対処法がわかったので紹介します

靴下
  • 靴下を片方なくしてしまう。
  • 片方ないので結局捨ててしまう。
  • 月日が経ったころに出てくる。

こういう人は多いですよね。

かくいう私も、子供のころからくつ下をなくすタイプの人間で

15年以上悩んでいました。

(くつ下片方なくす歴15年ってヤバいですね。)

結論から言うと、

ここ2年くらいまったくなくさなくなりました。

その理由は、3つ。

  • 3足しか持たなくした
  • 明るい色のくつ下を買った
  • すべての靴下の色や柄をかえた

こと。(効果のあった順)

スポンサードサーチ

靴下を片方なくすときは原因を考える

まず、大前提として、なぜくつ下を片方なくすのでしょう。

私の場合、たとえばこんな感じでした。

たくさんの靴下を持っている

まず1つ目は、やたらとたくさんの靴下を所持していること。

私の場合、自分がよくなくすのがわかっているので、いつも7セット~10セットくらいのくつ下を持っていました。

多すぎですね。こりゃなくします。

みんな似たような色や柄である

2つ目。たくさん持っているくせに、どれも似たような色や柄だということ。

当たり前ですが、似たような色・柄のものはなくしやすいです。

たとえば

  • 黒や紺の一色のものばかり
  • 3足セットで売られているような、似たような柄の靴下ばかり

…など。

あと、「どうせなくすから」という理由で、似たような靴下を持つ人は多いかと思います。

ですがこれ、長い目で見ると、かなり手間なんです。

破れたりして新しいのを買い足したとき、微妙に色が違う靴下が混ざってしまったり

かえってわからなくなるんですよね。

地味すぎる靴下

そして、地味すぎる靴下ばかり持っていること。

さきほど紹介したように、黒や紺ばかり…や、3足セットの薄い柄の靴下など、

なにかと地味めな靴下を持っている人はなくしやすいです。

私もよくなくしていたころは、安いからといって3足セットの靴下ばかり買っていました。

家族の中に自分と似た靴下の人がいる

最後は、家族の靴下と、色や柄が被っていること。

黒・紺の靴下は、家族のものとかぶりやすいです。

私も学生時代なんかは、父親の靴下と色がほとんど一緒だったので、いつもなくしていましたね。

洗濯するとどちらがどちらかわからなくなるので、

父親の靴下が自分のタンスから出てきたり、その逆もあったり大変でした。

原因は「自分で自分の靴下を把握できていない」こと

なくしていた時代を思い返せば、たくさん所持していたり、みんな似たような柄だったり…。

原因をまとめると、

自分が「自分の靴下を1つ1つ把握できていないこと」 なんです。

では、どうすればなくさないようになるのか。

どうすれば、自分の靴下を把握できるようになるのか。

スポンサードサーチ

靴下をなくすときの3つの対処法

そこで、冒頭に書いたような3つの対処法をもう一度紹介します。

3足しか持たない

まずは、多く持たないこと。

何セットも持っていると、まず自分のくつ下を把握できません。

というより、一足くらいなくしてもどうにかなる状態なので、把握なんてしなくていいんですよね。

こうなると、片っ端からなくしていきます。

それではダメなので、逆に数を減らしました。

私の場合、7セット持っていたのを3セットにまで減らしました。

これだけでも、自分の靴下を把握しやすくなるので、なくしづらくなります。

でも、3セットだけでは何かあったときに困りますよね。

なので、予備用に開封していない靴下を2~3セットは家に置いてあります。

つまり、

今使っている靴下3足+予備用に2足

です。

ただ絶対に守ることがあります。

それは、

今使っている靴下がダメにならない限り、ぜったいに予備用を開封して使わないこと。

派手な靴下を買う

次は、派手な靴下を買うこと。

黒・紺よりも、柄もの。

地味な柄より、派手な柄。

これを守ると、本当になくしません。

以前の私は当たり障りのない、悪く言えば地味目な柄ものの靴下をよく好んで履いていましたが、

二年ほど前に、遊び半分で若者向けの「派手なキャラクター柄もの」を買ったんです。

正直、学生時代ですら友達が履いているのを見て「私はこんな派手なのは履けないな」と思って抵抗がありました。

ですがなんとこれ、

本当になくさないどころか、履けなくなるまで履きとおしました。

こちらは仕事や学校の関係では、難しい人が多いかもしれません。

なので、服に規定のない学生・社会人の方、あるいは休日用の靴下を選ぶ際などに活用してみてください。

値段も、イオンなどの3足セットに比べると少々高いですが、多少高くても(なくさないので)コスパがいいです。

さすがにキャラものはムリって人は、「靴下屋」とかいいですよ。

パッと見当たり障りのないかんじ(地味目)なのに、インパクトのある靴下が多いです。

人に見られてもあまり気になりません。

ぜんぶ違う柄の靴下をもつ

最後は、ぜんぶ違う柄を持つこと。

やはり、わかりやすい違いがあるのが一番です。

縫い目で見分けるとか、長さで見分けるとか、そういうのはすぐにわからなくなります。

それに面倒くさい。

洗濯ものを片付けるときに、誰でも一瞬でわかるようにする。

これがポイントです。

同じ紺色の靴下でも、1足はワンポイントの柄入りにするとか。

お父さんの靴下と区別するなら、キャラクターのワンポイントとかいいですよ。

大事なのは、なくす前提で靴下の数を減らす

くつ下をなくさないために一番大事なことは、自分の持っているくつ下を把握することです。

  • 誰のものかわからない
  • ペアが一瞬で把握できない

これこそが、くつ下をなくす問題の負のループにつながります。

そのためには

一瞬で違いがわかるようにし、もっている数を把握することが大切です。

くつ下をなくさなくなりますよ。