運動習慣

ウォーキングを楽に続けたいなら、マイルールをつくろう

ウォーキング

ウォーキングを毎日続けるのって難しいですよね。

  • 一か月も続かずやめてしまう
  • 仕事で疲れた日は、歩きたくない
  • 1度サボったことで、サボり癖がついてしまった

……という人は多いでしょう。

私は過去に3年のウォーキングと、現在、1年間継続中のウォーキング歴があります。

正直、まったく努力していません。

どうやったら、これほど長期間、ウォーキングを続けることが出来るのか。

それは、

マイルールをつくることです。

スポンサードサーチ

ウォーキングを続けるコツはマイルール

マイルールというのは、

  • ○○分歩く
  • 雨の日は休む

…など、ウォーキングを継続するための自分だけのルールです。

たぶん、無意識のうちに誰でも作っているとは思いますが、

私はこれを2パターン作ります。

2種類のマイルールをつくる

この2パターンのマイルールとは、つぎの2つです。

  • 普段用のマイルール
  • 疲れている日用のマイルール

①普段用のマイルールをつくる

これはウォーキングを始めて、一番最初の段階でやります。

いくら、ウォーキングを続けようと思っても、自分に合ったペースじゃないと続きませんよね。

だから、最初の段階で、

歩く距離や、スピード、着る服などをいろいろ試して、自分に合ったウォーキングペースを見つけます。

基準にしているのは、10日中9日間くらいは自分がムリなく続けられるというペースです。

見つけ方は、ウォーキングの楽しみ方に詳しく書いてあります。

これを、普段用のウォーキングルールに設定します。

1ヶ月~3ヶ月あれば、見つかるかと思います。

たとえば、私の場合、1日25分を普段用のウォーキングルール(目標)にしています。

せつ

ダイエット目的ではないので、歩くペースとかは、とくに決めていません。

スポンサードサーチ

②疲れている日用マイルールを作ろう

①と同時進行しながら、今度は

疲れている日用のマイルールをつくります。

たとえば、私の場合、

  • 雨の日は完全休み
  • 疲れている日は、短縮コースでOK

とかですね。

なぜ疲れている日用をつくるのか

なぜ疲れている日用のマイルールを作るのかというと、理由は2つあります。

  • サボりたい日に、サボらないため
  • 1度サボってしまっても、すぐに再開させるため

です。

サボりたい時用のマイルールを作っておくと、万が一サボってしまったとしても、自分の想定内というか、ルールの範囲内です。

たとえばですが、「雨の日は休む」というルールだと、梅雨時期なんかは3日以上休みの場合もあります。

でも、それはサボったわけじゃなく「ルールだから休んだ」ことになるんです。

すると、自分を責めなくていいので、モチベーションも下がりません。

なので、慌てることなく、ウォーキングを再開することができます。

この、いつでもウォーキングを再開させることが重要なんです。

いつでも再開させられることが重要

ウォーキングは、365日サボらないことより、サボったとしてもいつでも再開させられることの方が重要だと思っています。

なぜなら私には、こんな経験があるからです。

台風でも歩いていた過去

昔、3年間のウォーキングをやっていたと、書きました。

そのときの私は、ことウォーキングに関しては完璧主義だったんですね。

どんなだったかというと、

  • 雨の日も歩く
  • 雪の日も歩く
  • 台風の日も歩く
  • 旅行に出かけた先でも歩く
  • 受験の日も歩く

書いてみるとぎょっとしますが、その頃はそれが当たり前で、

何かに突き動かされたように、365日休まず歩いていました。

でも、これは長期的に見ると失敗でした。

1度の休みで、やめてしまった

完全だったからこそ、1度休んだだけで3年間続けていたウォーキングをパタッとやめてしまいました。

原因としては、1度の失敗で、どうでもよくなったというのもありますが、

やはり、それまで自分に課していた、「休まない」というルールがキツすぎたんですね。

スポンサードサーチ

サボる自分を許そう

この経験から言えることは、

毎日完璧に続けることは、短期的にはメリットがあるかもしれません。

しかし、長期的に見ると失敗する可能性が高いということです。

なので、失敗しないために、

  • 重すぎないルールを作る
  • なおかつサボる自分を許そう

ということです。

高い目標がある人は自分を責めやすい

短期的に高い目標がある人は、自分を責めやすく挫折しやすいです。

たとえば、ダイエット目的でウォーキングをしている人はとくに、短期的に痩せようと考えがちですよね。

「1ヶ月で〇kg」とか。

なので、サボったり休んだときに自分を責めやすいです。

モチベーションや目標は低いほどいい

私は、たぶんウォーキングを続けることに関しては得意な方ですし、ダイエットも得意なほうだと思っています。

現に、10kgのダイエット経験もあります。

そんな私が長年の失敗経験からわかったのは、

短期間で結果を出したいなら、自分を責めて追い込んだほうが早いが、すぐにリバウンドする。

逆に、長期的に維持したいなら、

モチベーションや目標は低ければ低いほどいいと思っています。

そして、歩き方や時間なども最低限でいいと思っています。

むしろ、ダラダラしていても、どんなに面倒くさい日でも、習慣的にやれるくらいがちょうどいい。

という事です。

¥1,247 (2021/09/15 00:42時点 | Amazon調べ)

あとは、いかに気軽に家を出られるか

あとは、「いかに気軽に家を出られるか」というのが、大切なんじゃないかと思っています。

いくら習慣づけたいと思っていても、がっちがちのスポーツウェアに着替えるなんてことを毎日していたら、続くものも続きません。

なので、私は手軽なTシャツに手軽なジャージです。

靴も、普段から履いているのをウォーキングシューズとして使っています。

おわりに

ウォーキングを継続するのは簡単です。

  • いかに自分を許すか!
  • そして、いかに、手軽に家から出ていけるか!

です。

もし、「続かないな〜」という人がいたら、毎日15分のウォーキングにしましょう。

15分といえば、歯磨きに毛が生えたくらいの時間です。

それを2ヶ月~半年続けてみてください。

「これなら意外と継続できるかも」と思うかもしれませんよ。