絵・漫画

surface proが書きづらくなった!原因はペン先と保護シールの劣化です

surface pro6と充電器の画像

surface proで文字や絵を描いている中で、

「最近、ペンが止まる気がする」

「書きづらくなった?」

という方はいませんか。

私もつい最近、同じことを経験しました。

今回は、それに関する記事を書いていきたいと思います。

スポンサードサーチ

surface proが書きづらくなった…

面倒くさい

surface proに限らず、ペンタッチできるPCやタブレット端末を使っていると、必ずぶち当たる問題があります。

それは、書きづらくなること。

私は1日3時間〜10時間くらいsurface proを使っていたのですが、

  • ペンが途中で止まる
  • とにかく書きづらい
  • 線の強弱がおかしくなる

などの症状が出ました。

「これはいかん」ということで、原因を探るために以下のことを確認。

  • PCの空き容量
  • ペン先の劣化の有無
  • 保護シールの劣化の有無

「描きづらさ」の原因を探るためにやったこと3つ

布団の上で絵を描く
 

①PCの空き容量を確認

大量

まずは、PCの空き容量に余裕があるかどうかを確認しました。

容量がないと、作業動作に遅延が発生し、描きづらくなる原因の一つになります。

しかし私の場合、そこそこの容量がありましたし、

「PCが重いから書きづらい」というよりは、ペンが液晶に引っかかって書きづらい…という方が当てはまっている気がしました。

②ペン先が劣化していないかを確認

ペン先の劣化の確認です。

ペンタブレットを使った経験がある人ならわかるかと思うのですが、ペン先は摩擦や筆圧の強さのせいで、

数ヶ月〜半年くらいで劣化してしまうんですね。

筆圧がとくに強い人なんかは、ペン先がぐちゃっとなるくらい削れてしまうようです。

ただ私の場合、筆圧がそれほど強くないせいか、目で確認するだけじゃまったくわからなかったんですね。

虫眼鏡でも見ましたが、わかりませんでした。

③保護シールが劣化していないかの確認

最後は、保護シールの劣化の確認です。

スマホ同様、surface proの液晶に保護シールを貼っている方がほとんどかと思います。

私の場合、ガラス製のわりと頑丈なものを貼っていました。

やはり、保護シールの劣化は、書きづらさに大きく影響します。

ただ私の場合、目で確認するだけでは、表面に傷という傷は見当たりませんでした。

それどころか、新品同様ピッカピカのツルツルといってもいい。

スポンサードサーチ

ペン先も削れてない。保護シールにも傷はない

結論としては、

(書きづらいのに)なぜか

ペン先も削れてないみたいだし、保護シールにも傷はない!

そこでやったのが、目ではなく、液晶の中央と隅で書き味を比べてみること。

これをすると、画面の中央と隅で、ペンの書き味が全然違うことがわかりました。

画面中央(よく使用する部分)では、ペンが引っかかりを感じるのに、隅っこではストレスなく書くことができます
せつ

これは完全に保護シールが劣化しているせいだと思いました。

(それにネットで調べてみても、保護シール/シートは半年ほどで劣化するようなことが書かれていました。)

結局、ペン先と保護シールを新品に替えた

結局、わかったのは、

描いてみると確かに劣化してるんだけども、

目で確認するだけではペン先も保護シールも劣化しているのかどうかわからない。

ということでした。

ということで、ペン先と保護シール、両方を新しいものに交換することに。

①まずペン先を新品に

まず最初にペン先を新品にしました。

古いペン先を、ピンセットまたは指先で引っこ抜いて、

surface proペン先をかえる
 

新しいペン先を押し込みます。(写真ぼやけて…)

ペン先をいれる
 

ぐっと押し込むと、あるところでカチッとはまる感覚があります。

そこまで押し込んでください。

▽これが、古いペン先と新しいペン先の画像。

surface pen 新しいペン先古いペン先
 

写真で見比べても、あんまりわからないかと思います。

でも、よくよく見ると、右の方が劣化していますね。(後から気づきました)

ペン先を新しくしたsurface penで描いてみると、60%くらい書き味が元に戻った感じがしました。

これだけでもかなり復活したのですが、やはり、画面中央部分は書きづらい…といった感じ。

②保護シールを新品に

次に、保護シールの方も新品に。

今度はガラス製の分厚いものではなく、

反射防止の薄いものにしました。

これがめちゃくちゃいい。

やはりいくら強度があっても、反射光が目に入るとストレスを感じます。

Surface Proで長時間作業する人は、

ぜったいに反射防止のある保護シートをおすすめします。

(↑私は同じメーカーのsurface pro6用のものを電気屋さんで購入しました。アマゾンになかったので)

▼ちなみに今は、こちらのフィルムの方が人気があるようですね。

そして、保護シールを新しくした結果、

液晶中央部分のペンが引っかる感じなくなり、

本当に書きやすくなりました。

やはり劣化していたんですね。全然ちがいました。
せつ

スポンサードサーチ

【結論】「書きづらさ」を感じたら、傷がなくてもペン先と保護シールを交換しよう

服を選んでいる女性

結論としましては、(半年以上使っている場合)ペン先と保護シール両方ともが劣化の原因というわけでした。

見た目で劣化を感じられなくても、

「書きづらい」と思ったら、新しいものに交換してみてください。

せつ
とても書きやすくなりますよ

私が言うのもなんですが、これを機に少なくとも半年に一回は、交換をおすすめします。

▼関連記事