仕事

コミュ障な人へオススメするバイト10選

ネット・キーボード

バイトをしたいけど、人付き合いが苦手。

コミュ障だから、職場に馴染めるか不安。

そういう人は多いと思います。

 

そこで今回は、コミュ障、人付き合いが苦手な人にオススメのバイトを紹介したいと思います。

 

スポンサードサーチ

コミュ障・人付き合いが苦手な人のバイトの選びかた

コミュ障や人付き合いが苦手な人がバイトを選ぶ基準。それは、

  • 少人数である
  • 一人作業である
  • 話す機会が少ない

バイトを選ぶことです。

ただし、そうはいっても、これらすべて完全に当てはまるのは、新聞配達やポスティング、調査員、治験くらいしかありません。

この4つは、男性なら抵抗はないかもしれませんが、女性は抵抗ありますよね、かなり。

なので、もっと深掘りしていく必要があります。

 

自分のタイプを知る

コミュ障にも3つのタイプがいます。

  1. どんな人相手でも、まったく会話ができないタイプ
  2. 相手が知っている人なら全然話せるタイプ
  3. 初対面はOK。知り合いほどコミュ障になってしまうタイプ

 

「自分はこれだ」というのがあったはずです。

たとえば、①の人なら、先ほども書いたように

  • 清掃スタッフ
  • 工場作業
  • ポスティング
  • 郵便の仕分け

など、全体的に会話の少ないバイトを選ぶ。

 

②の場合は、同僚との会話がそこそこあるバイト。たとえば、

  • ネットカフェ
  • カラオケ
  • 本屋

などを選びます。

 

③の場合は、職場の人との会話が少なく、作業をしている時間やお客さんと接する時間が多いバイトを選びます。

  • スーパーのレジ
  • 100均一のレジ

など。

 

コミュ障は接客業は向いてないのはウソ

接客している女性

よく「コミュ障は接客業に向いていない」と考える人は多いですが、接客経験のある私から言うと、それは間違いです。

なぜなら、接客ほど浅い人付き合いはないからです。

もちろんバイト先にもよりますが。

たとえば、コンビニやアパレル、スナックなどはお客さんとの世間話が多いです。

しかし、スーパーや100均のレジ打ちなどは、お客さんとムダな会話することはほとんどありません。

それに、完全なる一人作業です。

こんなこと言うのはアレですが、あとは適当に「いらっしゃいませ」や「ありがとうございます」を言っておけばいいだけです。

正直、私は③なので、ちまたでよく言われるネットカフェやカラオケのほうが、先輩や同僚との会話時間が長くて面倒くさい。

つまり、選び方によっては、コミュ障でも接客業はできるということなんです。

 

コミュ障・人付き合いが苦手な人にオススメなバイト10

これらを踏まえて、コミュ障・人付き合いが苦手な人にオススメなバイトを紹介したいと思います。

よかったらバイト選びの参考にしてみてください。

 

清掃スタッフ

ホテルやビルなどの清掃スタッフは、黙々と作業ができる仕事です。

場所によってはかなりの肉体労働となるため、常に求人を募集している会社も多いです。

しかし、会話といえば職員への挨拶程度でOKなので、コミュ障には持ってこいのバイトと言えるでしょう。

 

郵便局の仕分け

次は、郵便局での仕分け作業。

郵便物を地域ごとに仕分ける作業になります。ひたすらロボットのように仕分けるだけなので、コミュニケーションはほとんど必要ありません。

年末〜お正月などの一定の期間にしか募集をしていない場合も多いので、なかなかこの仕事一本とはいかないのが惜しいところです。

 

ポスティング

ポスティングは、マンションなどのポストにチラシや宣伝広告を入れる仕事です。

黙々とする作業なので、コミュニケーション力はなくてもできます。

自由な時間に働くことができる上に、運動不足の解消にもなるのでオススメです。

ただ、配布エリアによっては車やバイクで広い距離を移動しなければいけない場合もあり。

 

新聞配達

新聞配達は、早朝または夕方に新聞をポストに届ける仕事です。

ポスティングと同じく、人とのコミュニケーションはほとんど不要。

時間も限られているので、掛け持ちにも持ってこいなバイトです。

ただ、天候に左右されやすいことと、早起きが辛いというのがデメリットですね。

 

交通量調査

交通量の調査、歩行者の人数等をカウンターで記録する仕事です。

椅子に座って記録するだけなので、人とのコミュニケーションはほとんど不要です。これこそ、コミュ障向けのバイト1位でしょう。

しかし、年中募集があるわではないので、この仕事一本というのは難しいですね。あと、地域によっては男性ばかりだったりして、女性はやりづらい部分も…。

 

ネットカフェ

ネットカフェは、受付、清掃、調理などが主な仕事です。

接客要素も少ないですし、基本的には静かなので、声の大きさもそれほど必要なく、コミュ障にオススメの接客バイトといえるでしょう。

ブースにドリンクバーやシャワールームなど、清掃の範囲は広くて大変ですが、黙々とこなせるので、コミュ障にはメリットかも。

ただし、マンガは読めません。

 

カラオケ

カラオケでの仕事内容は、受付、清算業務、飲食物をブースへ届けることです。

あとは、終了時刻に近づいたときに、お客さんに電話でお伝えすることですね。

こまごまとした仕事は多いのですが、基本的にお客さんたちは「とにかく歌いたい」という気持ちで来店しているため、接客の良し悪しはほとんど見られていません。ただ、ガラの悪いお客さんも多いので、最初は腰が引けるかも。

 

スーパーの品出し

スーパーの品出しはコミュ障に持ってこいのバイトです。

店内になくなった商品を裏から持ってきて陳列する、または業者から届いた新商品の補充をするだけなので、コミュニケーション能力はほとんど必要ありません。

もちろん、作業の途中でお客さんに声をかけられたり、レジ対応をしなければいけない場合もあるので、接客要素が完全にゼロとは言えない部分もあります。

とはいえ、接客という点で考えると、スーパーはコンビニやレストランに比べてマニュアルがゆるいです。

レストランのホールなどで、ガチガチの接客をすることに比べたらスーパーのレジ対応は100倍マシですよ。

 

100均一のレジ打ち

スーパーのレジ対応よりもおすすめなのは、100均一のレジです。

なぜなら、爆買いする人が少なく、値段も均一なのでレジ打ちも簡単。

そして、レジの台数も限られているため、そこまで長居するお客さんもいません。

あとは何より客層。スーパーやコンビニなどはイライラしているお客さんが多いのですが、100均一は比較的、時間にゆとりのあるお客さんの利用が多いのが特徴。理不尽に怒られることも少ないです。

コミュ障に限らず、初心者がレジ打ちするなら、100均のレジを一番にオススメします。

 

ショッピングモール内の飲食店のレジ対応

同じ飲食店の中でも、ショッピングモール内にある飲食店は穴場です。

お客さんの席まで、食べ物を運ぶ必要がなく、スーパーや100均のように、カゴに商品を詰める作業もなし。けっこう頭使うんですよね。

職場内のコミュニケーションはそこそこ必要ですが、仕事がレジ対応だけで済むというのはかなりレアといえるでしょう。

 

スポンサードサーチ

どんなバイトも人付き合いは必須

どんなバイトをやっても大なり小なり人付き合いは必須です。

しかし、同じ時給であっても、バイトには難易度があります。

間違っても最初からコンビニやアパレル系を選ぶと、大変なことになります。

声出しとかさせられたり、コミュ力も必要になります。

しかし、きちんと見極めてバイトを選ぶと、働きやすい環境で働くことができますよ。

 

絶対に人付き合いがしたくないなら?

もし、絶対に人付き合いがしたくないなら、どうすればいいの?

たしかにコミュ障にとって、人付き合いをするのは、1でも100でも同じですよね。だって苦手なのだから。

できれば、0にしたいーーその気持ち、痛いほどわかります。

 

そういう時によくオススメされるのが、在宅ワークです。

 

でも、オススメはしない

これだけはNG画像

私もランサーズ・ココナラ・ブログなど、在宅で稼げるようなことにいろいろ手をつけました。

でも、正直な話、オススメはできません。

なぜなら、すぐには稼げないからです。

ランサーズもココナラも、実績を出して信用を溜めていかないと単価は上がりません。

ブログは月に100万以上稼ぐ人も多いようですが、検索エンジンの問題で、最低でも3ヶ月は収益0円です。

今すぐ10万欲しい!という方は、絶対にバイトやった方がラクです。

 

これは、コミュ障が感じる対人関係のストレスを差し引いたとしても、です。

絶対に、バイトやる方がラクです。

 

「それでも人付き合いしたくない!絶対に在宅で稼ぐようになりたい!」

そんな人には才能があります。

 

1年〜2年くらいヒマがあるなら、在宅ワークに挑戦もアリ

ネット

もし、1、2年の余裕があるのなら、ぜひ在宅ワークに挑戦してみてください。

まずは、ブログをやるのではなく、ランサーズやクラウドワークスでライターとして執筆しつつ、ココナラで商品を売ることをオススメします。

なぜかというと、ランサーズではアフィリエイターやブロガーが出している依頼が多いからです。

「なぜ、この案件を募集しているのか?」ということを考えながらやると勉強になります。というか、私は勉強になりました。

そして、あとでブログに挑戦したときに、そのときのことがめちゃくちゃ活かされましたよ。

ライティング技術が上がる上に、報酬までもらえるのですから、これほどメリットは他にないですね。

 

1ヶ月でもいいので、ぜひ挑戦してみてください。

ちなみに、私はランサーズで1日3〜4時間くらいの作業で、月6000円稼ぎました。少ない笑

 

書くことに慣れたらブログへ

ある程度、書くことに慣れてきたらブログに挑戦するのもアリですね。

ブログは完全に1人作業なので、コミュ力一切必要ありませんし。

 

それにブログは長期間やっている人ほど、多く稼げる可能性が高いです。

最初、半年くらいは10円〜100円くらいしか稼げないかもしれませんが、1年〜2年経つと少しずつ増えていきます。

実際に私も、1ヶ月ごとに稼げる額が増えていっています。かなり微々たるものですが。

上手い人はたった3ヶ月で数千円〜万単位で稼いでいるらしいですよ。

 

スポンサードサーチ

最後に

以上が、コミュ障にオススメなバイトと人付き合いせずに稼ぐ方法の紹介でした。

今のところ、人付き合いをせずにお金を稼ぐのは難易度高めですが、ぜひ一度挑戦してみてください。

 

© 2021 SETSUの部屋 Powered by AFFINGER5