初めてのバックパッカー旅行って怖い?初めてのバックパッカー旅行が怖い理由

面倒くさい バックパッカーの始め方

初めてのバックパッカー旅行が怖い…

初めてのバックパッカー旅行って何かと不安ですよね。

私も現地に着くまでは本当に心臓がバクバクでした。

今回は、「初めてのバックパッカー旅行が怖い」そんな悩みに答えたいと思います。

 

スポンサーリンク

初めてのバックパッカー旅行が怖い理由

①すべてが、見たことない・体験したことのない景色だから

なんせ、言語も生活習慣も宗教も、地形もまるで違う初めての場所に行くのですから、

国内旅行と違って、どんな事が起きるか想像もつきません。

 

日本国内の旅行なら、「どこへ行ったってセブンイレブンやファミレスくらいあるだろう」という安心感がありますが、

そういう「なんとなくの想像」すらできないんですよね。

 

飛行機はともかく、バスや電車は遅れて当たり前ですし、

日本のバスようにわかりやすい「乗り場・降り場」がない国だってあります。

 

だから計画といったって、まともに立てられません。

だから余計に不安が募ります。

 

②WEB上に怖い情報が溢れているから

知らないから怖い…。

 

すると皆さんは、

ネットでブログを見たり、ニュース記事を読んだりして、

「行く国の情報収集をしてから行こう!」となると思います。

 

たしかにWEB上には有益な記事も多いですが、

たくさんの怖い記事が目に入るのではないでしょうか。

 

バックパッカーが現地で襲われたニュース記事、

バックパッカー本人が旅行先の怖い体験を発信しているブログ記事。

 

「強盗に遭って殴られた」や「偽タクシーで違う場所に連れていかれて、なんとか逃げ切った」「病気にかかった」など。

 

学生や20代の人なら、旅行者本人がそこまで調べなくても、

家族の中には熱心に調べ上げる…という人もいると思います。

 

私の両親もそうで、いくら私が「そんなに心配しなくても」と言っても、まったくダメでした。笑

するとさらに不安が募ってしまうのです。

 

【対処法】必要以上の情報収集や計画は立てない

バックパッカー計画

これらの対処法としては、

  • 必要以上の計画は立てない
  • 必要以上の情報収集はしない

ことです。

 

すべては現地に行かなきゃわからない

ネット上では、怖い記事ほど拡散されます。

なので、記事だけをよんでいると、ものすごい偶然が重なって起こったような事件が、まるでその国の日常の一部のような印象を受けてしまうのです。

 

ですが、本当のところはわかりません。

行ってみないことには、あるいは、現地で何年も暮らしている人に話を聞いてみないことには、

実際にどんな国なのかはわからないのです。

 

実際に行ってみたら拍子抜けはザラにある

あまりこういうことを書くのはよくないかもしれません。

 

でも正直、ブログ記事を読んで「怖い」と思っていたけれど、

「実際に行ってみたら拍子抜けした」なんてことは、ザラにありました。

 

そんなものです。

ほとんどのことは、ちゃんと現地に行かないとわからないのです。

 

恐ろしい記事の背景にあること

たとえば「強盗に遭った」という記事一つとっても、その背景はわかりませんよね。

 

旅行者が目立つような格好をして歩いていた

のかもしれませんし、

旅行者が誤って、人気のない裏路地に入っていたのかもしれません。

あるいはお金をケチりすぎて、

もともと治安のよくないと言われている安宿に宿泊していた可能性だってあるのです。

 

これは強盗に遭ってもしょうがないですよね。

 

 

それなのに、1%の悪い記事だけ見て「怖い怖い」と言っているのはダメ。

 

それなら「いかに安全に旅行できるか」の対策を練りましょう。

 

スポンサードサーチ

【重要】安全に旅行できる方法を考え、選択すること

もし不安だと思うのなら、怖い記事をたくさん読むのではなく、

安全に旅できる方法(ルート)を調べましょう。

 

例1

空港に到着してから宿に着くまでが不安だな…。治安も悪い国だし。。

→宿までの送迎サービスはあるか。

→もし目当ての宿に送迎サービスになかったら、(旅慣れるまでは)ちょっと高くても送迎サービスのあるホテルに変更する

 

例2

観光地に行くまでの道のりが不安だな…。

でも、バックパッカーはみんな、自分の力でバスやタクシーを乗り継いで行っているみたいだし…。どうしよう

→現地ツアーをさがす

 

こんな感じです。

 

お金はケチらない。

安全第一です。

旅慣れれば慣れるほど、こういうちょっとしたことをケチるようになります。

ムリして空港泊をしたり、

お金を使わないために疲れがとれないとわかっていてもドミトリーに泊まったり。

 

でも、そういった選択をしない勇気を持つこと。

プライドを捨てること。

これが大切です。

 

お金がないなら親を頼ってもいい

お金がないならもっと安全に旅行できるくらいまで貯めてから行くか、親を頼る。

私が初バックパッカー旅行をしたのは学生時代でしたが、

学生といえども親のお金は一切頼りませんでした。

 

そんな私が「金がないなら親を頼ろう」と言うのだから、少しは説得力があるかと思います。

 

なぜ私がそんなことを書くのかというと、初心者が金を切り詰める旅行は、本当にロクなことがないからです。

 

私はこれから先、「息子がバックパッカーで、危険な国を一人旅をするらしい。どうしたらいい」と相談されたら何度でもこう答えると思います。

 

「金を出してあげてください。ちょっとくらい落としたって大丈夫なくらいのお金を。

 

 

現地に着いてから1週間が大変かも

ちょっと話が逸れましたが、結局、バックパッカーの旅に慣れるまでには少し時間がかかります。

 

もちろん、行く国によっては、ですが。

中国や韓国の都心部なら、日本とそれほど変わりない景色なので、簡単に旅行できます。

 

逆に、日本とのギャップが激しい国ほど、旅に慣れるまでに時間がかかると思います。

 

東南アジア、南米、アフリカ…など。

目安ですが、私の場合は1〜2週間くらいかかりました。

 

スポンサードサーチ

バックパッカー旅行の怖さを吹き飛ばすためには、一人で行動しよう

とはいえ、いくら怖いからといって、1週間ぼーっと宿にいてもしょうがありません。

 

なので、良い方法として、

早く旅に慣れるために、現地に着いたら少しずつ行動を起こしてみましょう。

同じ宿の人と一緒に観光をしてみるのもいいです。

 

が、やはり、それでは慣れるのが遅くなります。

 

私も最初のうちは他人と行動していたのですが、

旅をする力(?)が一気に付いたのは一人で行動を始めてからです。

 

なので、小さくでもいいので、一人行動をとってみてください。

 

一人で近くのスーパーや市場に行って買い物したり、レストランに入ってみたり、

旅行日数に余裕があるのなら、そこの宿を拠点にして別の地域に移動するのもいいかもしれません。

 

1週間もすれば慣れます

そうして少しずつ一人行動をしていると、数日〜1週間で慣れてきます。

誰もが通る道なので、あまり焦らないで大丈夫です。

自然に旅ができるようになります。

ただ、身体だけはゆっくり休めてください。

 

おわりに

旅というのは最初より、慣れて「不安がなくなってから」が危険です。

強盗に遭う人も、大抵はその「慣れてから」です。

ここまでいろいろ書きましたが、不安はあっていいもの。

不安を残しつつ、旅をたのしんできてください。

 

タイトルとURLをコピーしました